まだ間に合う!4月もお花見が楽しめる「北海道の桜名所」4選

 

都内のお花見スポットは、葉桜が目立ってきましたね。
例年よりも早い開花・満開を迎えてしまい「お花見に間に合わなかった・・・。」と嘆いている方も多いのでは?
しかし!まだまだお花見は終わっていませんよ!
日本でもお花見が遅い地域と言えば「北海道」。
しかも広大な敷地面積を誇る北海道は、桜の名所がたくさんあります。
今回は、4月~5月もお花見が楽しめる北海道のお花見名所をご紹介します!

1.松前公園


約250種類、1万本の桜が見られるお花見の名所!
松前城を中心とする一帯は、約21万3500平方メートルという広大な敷地面積。
樹齢300年以上といわれる光善寺の血脈桜(ケチミャクザクラ)、龍雲院の蝦夷霞桜(エゾカスミザクラ)、 天神坂門の夫婦桜(メオトザクラ)の三大名木をはじめ、見どころが満載です。
また、公園の北にある桜見本園では、早咲きから遅咲きまで140種類もの桜が1ヶ月程の間に次々と花を咲かせ、日本さくらの会が選定する「さくら名所100選」にも選ばれています。

【詳細】
北海道・松前郡松前町
開花予想日:2018年4月27日頃
満開予想日:2018年5月1日頃
公式サイト:http://www.asobube.com/

2.どこまでも続く桜並木道。二十間道路桜並木


「北海道遺産」や「さくら名所100選」にも選ばれたことがある「二十間道路桜並」は、
桜並木道が約7㎞も続いています。北海道らしい広大なスケールの桜並木道は、開放感たっぷりです。
道路は整備されているので、サイクリングやお散歩にピッタリ。
桜並木道の下を自転車で走りながらお花見なんて、健康的ですよね!

【詳細】
北海道・日高郡新ひだか町
開花予想日:2018年4月28日頃
満開予想日:2018年5月2日頃
公式サイト:http://www.sakuranamiki.com/



3.桜色の星の城郭に心を奪われる。五稜郭の桜

国の特別史跡にも指定されている五稜郭は、日本初のフランス築城方式を用いた要塞で、星形の城郭が印象的です。
日本有数の桜の名所で、4月下旬になると約1600本のソメイヨシノや八重桜を見ることができます。
特にカップルにオススメなのが、五稜郭タワーからの景色。五稜郭全体を見渡せる高さ90mの展望台は、360度ガラス張りになっているので桜に包まれた五稜郭全体を観ることができます。
タワーのほかにもう一つおすすめなのが、貸しボート。
家族やカップルでボートに乗りながら観るお花見って、風情がありますよね。
お花見期間中は夜間ライトアップも行われてるので、昼間とは違う幻想的な桜が楽しめますよ。

【詳細】
北海道・函館市
開花予想日:2018年4月24日頃
満開予想日: 2018年4月29日頃

公式サイト:http://www.goryokaku-tower.co.jp/index.html

4.辺り一面がピンクに染まる。芝ざくら


滝上市街地の中央、小高い丘にあるのが「芝ざくら滝上公園」です。
5月中旬から6月上旬にかけて「芝ざくら滝上公園」の山の傾斜地の広さは、甲子園球場の約7倍。
一面に咲き誇る芝ざくらは、約1ヶ月間咲き続けます。
色の鮮やかさに加えて、周囲を甘い香りに包みこんでくれる芝ざくら。
開花期間中は芝ざくら祭りが開催され、空から一面の桜を見渡せるヘリコプターによる遊覧飛行も行われます。

【詳細】
北海道・紋別郡滝上町
開花予想日:2018年5月1日
満開予想日:2018年5月20日

公式サイト:http://takinoue.com/




北海道だからこそ堪能できるお花見。
今年のゴールデンウィークの旅行スポットの1つとして候補にいれておいてもいいでしょう!
家族や恋人と一緒に、北海道の桜を楽しんでくださいね。

アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪