一足先に海を楽しもう!ゴールデンウィークに行きたい「潮干狩りの名所4選」

 

今の時期~7月末まで楽しめるレジャーの1つ「潮干狩り」。
海水浴にはまだ早いけど、暑くなり始めている今、足元まで海につかるのって気持ちいいんです!

潮干狩りと言えば、小さいころに家族で行った思い出をことある方は多いかもしれませんが、
大人になってからは意外と足が遠のいていませんか?

今回は、潮干狩りにオススメのスポットを3つご紹介します!

1.木更津海岸【千葉県木更津市】

nakanosima
アクアラインが開通され首都圏から約60分でアクセスできるようになり、とても身近な海岸の一つとなった木更津海岸は
アサリやバカ貝、ツブ貝などが取れる絶好の潮干狩りスポット。
東京湾唯一に遠浅で休憩所は勿論、駐車場や更衣室、コインロッカーやシャワーまで備わっています。
施設のまわりは芝生の公園になっていて、潮干狩りを存分に楽しんだ後は、公園でのんびりするのもいいですよね。
シーズン期間中は、木更津名産焼海苔が当たるイベントも実施していますので、お見逃しなく!

公式HP:http://www.jf-kisarazu.jp/

<開催期間>
2018年3月17日(日)〜2018年7月31日(火)
※開催期間中でも状況によっては閉鎖する場合があります。

2.富津海岸【千葉県富津市】

H29siohigari

東京湾で一番早く、最も長い間潮干狩りが楽しめる富津海岸。
湾内は外洋に最も近いため、海水がとてもきれいなのが特徴で、
富津のあさりは身はぷっくり、だしがよく出て美味しいと有名です。
開催期間が長いので、夏休みシーズン後も利用できます。
また、施設も充実していて、男女別の更衣室、足洗い場、トイレ、砂抜き用の海水が完備されています。

潮干狩りができるのは潮が引いている4~6時間くらいなので、
せっかく出かけてがっかりしないためにも潮見表は必ずチェックしましょう!

公式HP:http://www.jf-futtsu.com/
<開催期間>
2018年3月18日(日)〜2018年9月14日(金)
※開催期間中でも状況によっては閉鎖する場合があります。

3.牛込海岸【千葉県木更津市】

slides_0

車でのアクセスが良く、あさりが比較的採りやすい牛込海岸。
あさり以外にも、アオヤギ、ツメタ貝、ニシ貝などが採れます。

slides_1
駐車場は約1,000台の広さがあり、無料で利用でします。
海岸の目の前に駐車場があって利便性が良いので、
歩く距離が少なくて済むのは嬉しいポイント!
場内には休憩施設・食堂・売店・お持ち帰り用の海水汲み場等の必要な設備が整っています。

詳細はコチラのPDFから!

<開催期間>
2018年3月18日(日)〜2018年7月17日(火)
※開催期間中でも状況によっては閉鎖する場合があります。

4.日川浜海水浴場【茨城県神栖市】

2017nikkawahama

茨城県神栖市の鹿島灘に面していて、真っ白で広大な砂浜から、雄大な海が広がるビーチです。
潮干狩りはもちろんのこと、海水浴やサーフィン、釣りを楽しむ人からも人気のスポットです。

潮干狩りと言えば「あさり」ですが、日川浜海岸ではメインにとれるのは、なんと「はまぐり」。
そして、さらに驚きなのが無料で潮干狩りが楽しめるんです!

しかし、無料のため下記のルールが決められています。

①1人あたり1日1キログラムまで
②3センチメートル以下のものは採らない
③金網や網が付いた漁具の使用は禁止

(出典:茨城県神栖市ホームページ)
ルールを守って、楽しく潮干狩りをしましょう!

<開催期間>
2018年4月~
詳細は、要お問い合わせを。
茨城県漁政課
電話:029-301-4080

公式HP:http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/6685.htm

夏が本格的に始まる前に、海を楽しんでみませんか?
獲ったアサリは日本酒や白ワインで酒蒸しにすれば、ビールやワインのおつまみにピッタリ!
潮干狩りの後は、お家ゴハンであさりを堪能しちゃいましょ♪

asari

アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪