北陸3県3泊4日旅行 福井県:東尋坊

 

9月24日、昨日までとは打って変わって、見事に快晴となりました。

せっかくいい宿に泊まったので、朝はのんびり過ごし、昼前に出発することにします。
この日の予定は、東尋坊を経由して福井市内へ至るのみなので、かなり余裕持ったスケジュールで設定です。

ゆっくりと朝食を済ませ、宿を出たのは10時半くらいになっていました。
宿の車で加賀温泉駅まで送ってもらいますが、駅に着くと昨日は気が付かなかった異様なものが目に入ります。
駅を見下ろすように、巨大な観音像が屹立しているではありませんか。
ガイドブックでは全く触れられていなかったこの巨大観音像は「加賀大観音」という名称で、かつては「ユートピア加賀の郷」というところが仏教関連のテーマパークとして運営していたようです。
バブル期に開業したらしく、バブル崩壊とともに経営不振に陥り、多くの関連施設は閉鎖されましたが、観音像は「大観音加賀寺」として開業しているとのことです。
とはいえ、最近では廃墟マニアが訪れるような存在になっています。

加賀大観音

加賀温泉駅の背後にそびえる加賀大観音

大観音に見送られ、加賀温泉駅から特急サンダーバードで芦原温泉駅へ向かいます。
芦原温泉駅までは約10分。たった一駅なのですが、鉄道の本数が少ないため、接続を考えると特急を使わざるを得ないのです。

芦原(あわら)温泉といえば、福井県を代表する温泉街のはずですが、芦原温泉駅は規模も小さく、駅前も静かな印象でした。
どうやら芦原温泉へは、えちぜん鉄道のあわら湯のまち駅が最寄りのようです。
芦原温泉駅から京福バスを利用して東尋坊へ向かいます。途中の芦原(あわら)温泉までは15分程度、終点となる東尋坊へは約50分で到着しました。

バスの停留所、駐車場から東尋坊までは、両脇に食堂や土産物屋が配された参道(?)を歩いていきます。休日ということもあってか、東尋坊はかなり活気があり、ここが自殺の名所とはとても信じられません。

東尋坊参道

東尋坊参道?

聞いた話では、ポケモンGOがリリースされて以来、東尋坊がレアポケモンの巣として有名になったようで、夜な夜なポケモンマスターが集まるために、自殺防止の一助となっているようです。

東尋坊といえば、英国のジャイアンツ・コーズウェイと並ぶ柱状節理の絶景が有名ですが、角柱が崩れているものも多く、同じ柱状節理ではあっても印象は異なるものだと感じました。
とはいっても、高さ最大25mの柱状節理が、日本海沿いに1km渡って続く断崖の景観は絶景です。

東尋坊

2時間ドラマでもおなじみの東尋坊

一帯を俯瞰して眺めたいなら、近くにある東尋坊タワーへ。
かなり寂れた印象のある東尋坊タワーですが、地上55mから眼下に東尋坊を一望できます。

東尋坊タワー

昭和感の強い東尋坊タワー

IWABA

IWABA CAFE

鳥取のすなば珈琲にインスパイアされたのでしょうか?
スタバ→すなば→いわば。もう分からないですね。
また、ここからの日没は絶景のようです。

東尋坊を堪能した後は、昼食の確保です。東尋坊周辺はどこも並ぶようだったので、少し離れた三国温泉へと移動します。
東尋坊から三国温泉まではバスで10分程度。
ランチの時間を少し外していたので営業しているか心配でしたが、三国港の駅前に巨大なカニの看板が目を引くお店「蟹の坊」を見つけました。
聞けば近隣の老舗旅館「望洋楼」直営の食事処とのことです。

もちろんカニが自慢のお店なのですが、越前ガニの時期ではないため、福井名物の越前そばと海鮮丼のセットをいただきました。
越前そばは、辛みの強い大根おろしと併せた冷たいそばで、つゆが直接かけられていることもあるようです。

蟹の坊

巨大なカニの看板が目を引く「蟹の坊」

昼食後は、三国温泉の日帰り温泉施設「ゆあぽーと」で汗を流します。
露天風呂ではないですが、日本海にそそぐ九頭竜川の展望を見渡すことができます。

1 2
旅行担当 O

ひとり旅をこよなく愛する鉄分高めのアラフォー男子。 年に三度の旅行だけが心の支えです。