北陸3県3泊4日旅行 福井県:永平寺

9月25日、昨日に引き続きいい天気です。
この日で北陸旅行も終了。最終日は曹洞宗の総本山、永平寺へ向かいます。

永平寺

福井駅から永平寺の最寄り駅、永平寺口駅まではえちぜん鉄道で行く予定でしたが、朝にゆっくりし過ぎてしまい、当初乗るつもりだった電車に乗り損ねてしまいました。
次の電車まで30分以上あるなーと考えていると、切符売り場の方が福井駅から永平寺まで直通バスが出ていることを教えてくれました。鉄道で行ったとしても、永平寺口駅からはバスでのアクセスになるので、どうせなら福井駅からバスで行ってしまったほうが良いようです。

福井駅~永平寺間の所要時間は30分程度。大学時代の同級生に寺の息子がいて、福井のどこかに1年間修業に出されていたけど、あれは永平寺だったのかなと思案していると、いつの間にか永平寺のバス停に到着していました。

永平寺は言わずと知れた曹洞宗の大本山。曹洞宗の開祖、道元によって寛元2年(1244年)に開創された約10万坪の広さの境内を持つ寺院です。
歴史上、幾度となく火災に見舞われ、現在の仏殿、伽藍は近世以降に再建されています。

永平寺正面

永平寺正面

永平寺へは一度、小学校入学前に訪れたことがありました。その時のことはほとんど覚えていませんが、漠然と広いお寺だったことが印象に残っています。それから約30年。久しぶりに永平寺を訪れ、改めてその広さを確認しました。恐山や出雲大社など、境内の敷地が広い寺社仏閣は数多くありますが、永平寺はそれに加えて伽藍の数も多く、崇敬な存在感を醸し出しています。
いくつかの建物は鉄筋コンクリート造に更新されてはいるもの、木造建築と近代建築が併存する境内に曹洞宗の総本山としての歴史が感じられます。

大広間

昭和5年建築の傘松閣の大広間

天井画

伊東深水、川合玉堂をはじめ、144名の画家によって描かれた天井画

山門

山門を内側から

永平寺から福井市内への帰路には鉄道を使うことにしました。バスで永平寺口駅へ向かい、そこからえちぜん鉄道で福井駅に戻ります。
永平寺へのアクセスには、ほとんどの方がバスを使うようでした。永平寺のバス停までは結構な人がいたのですが、その中で永平寺口駅行きのバスに乗る人はほとんどいませんでした。

永平寺口駅

新設された永平寺口駅

旧永平寺口駅舎

大正3年建造の旧永平寺口駅舎
こちらは、男はつらいよ 第9作『男はつらいよ 柴又慕情』に登場しているとのことです

福井のお土産探し

最終日なので、福井駅でお土産を探します。

まずは昨晩いただいたサバのへしこ。
食べやすくスライスされた商品もありましたが、せっかくなので一匹丸ごと購入です。

次に福井銘菓の羽二重餅。
羽二重織物をイメージした、米と水、砂糖だけで作られている上品な甘さの和菓子です。
もともと餅だけのシンプルなものだったようですが、最近はチョコや生クリームを包んだ商品など様々なタイプが並んでいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

福井の銘菓「羽二重餅 25入×3箱」錦梅堂
価格:3000円(税込、送料別) (2017/2/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「羽二重ショコラ12ヶ入」〜和菓子一筋、福井の銘菓:栄太楼
価格:1053円(税込、送料別) (2017/2/24時点)

最後に、日本三大珍味の一つと称される汐雲丹。
汐雲丹とは、バフンウニの卵巣に塩をふりかけ、水分を抜き凝縮熟成させたものです。
なんと、バフンウニ1個からたったの1グラムしか作れないそうです。
その希少性ゆえに値段も高額。贈答用の陶器・桐箱入りではなく、家庭用のプラスチック容器入りを購入したのですが、それでも35gで5,400円という超高級品でした。
松坂牛のA5ランクでも1gあたり100円を超えることはないので、大したお土産です。

帰宅後にさっそくいただきましたが、なめる程度で口の中に濃厚なウニの味が広がる大変おいしいものでした。
汐雲丹だけでも充分にお酒の肴になりますし、白いご飯にのせて食べても格別です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■送料無料■越前仕立て汐雲丹 桐箱入り【楽ギフ_のし】
価格:6804円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)


そんなこんなで北陸旅行は終了です。
福井から東京へは、金沢経由の北陸新幹線でも、米原経由の東海道新幹線でも時間はそれほど変わらないようでしたが、北陸新幹線は既に満席とのことだったので、東海道新幹線で帰ることにしました。
時間があれば彦根へも足を延ばしたかったのですが、お土産選び等々で時間を取られてしまったので、福井からは東京へ直行となります。

温泉に絶景に美味に、すっかり満喫した3泊4日でした。

9/22

2-アイキャッチ

9/23

3-アイキャッチ

9/24

4-アイキャッチ

9/25

5-アイキャッチ

ひとり旅をこよなく愛する鉄分高めのアラフォー男子。 年に三度の旅行だけが心の支えです。