神津島温泉保養センター(東京都) – 太平洋を望む離島の大露天風呂

 

今回紹介する温泉は、東京都にある神津島温泉保養センターです。
東京都内ではありますが、立地は伊豆諸島の神津島。離島で露天風呂もいいですねという趣旨で取り上げております。

神津島は東京から南へ約180km、伊豆諸島のほぼ中央に位置する小さな島。白い砂浜に透き通るような青い海、また島の中央には「新日本の百名山」にも選ばれた天上山がそびえる、変化に富んだ美しい島です。
海に囲まれているため、夏は涼しく冬も温暖な、一年をとおして過ごしやすい気候となっています。

キンメダイ、イセエビといった魚介類はもちろんですが、神津島では明日葉が有名です。天ぷらで食べることが多いですが、明日葉アイスなんていうものもあったりします。また、気候が温暖なため、パッションフルーツなどのトロピカルフルーツも栽培されています。

神津島へは東京の竹芝桟橋、または熱海、下田から東海汽船の客船やジェット船でアクセス可能です。伊豆大島、利島、新島、式根島を順に経由した後に、一番最後に到着する島なので、竹芝桟橋出発の場合は片道10時間程度かかります。
また、飛行機を使う手段もあります。東京の調布飛行場から新中央航空が1日に3便運航しており、こちらは東京―神津島間をわずか45分で結んでいます。

東海汽船のジェット船

東海汽船のジェット船

新中央航空のドルニエ 228

新中央航空のドルニエ 228。定員19名の小型旅客機

他の伊豆諸島の島々と同様に、神津島も火山活動によって誕生した島なので、当然温泉も湧いています。
神津島温泉保養センターは、島の中心部である神津島港から村営のバスで約5分。徒歩でも20分程度ですが、レンタサイクルもあるので自転車を利用してもいいでしょう。

自然の岩場を利用した露天風呂は広さ275㎡を誇り、開放感満点!
夕方には太平洋に沈む夕日を眺め、夜は満天の星空を満喫できます。塩化物泉のため舐めるとしょっぱく、また温度はかなり低めです。
露天風呂は混浴になっており、入浴には水着着用が必須なため、水着を忘れずに持っていくようにしましょう。
大小2つの露天風呂に加えて、沢尻湾が見渡すことができる展望風呂もあります。

神津島 前浜海岸

白砂の広がる前浜海岸

雄大な太平洋を満喫できる離島の温泉。神津島へ行った際にはおすすめのスポットです。

神津島温泉保養センター

泉質 ナトリウム塩化物強塩泉
温度 約57℃
pH 6.1 中性
主成分 ナトリウム
効能 肩こり・神経痛・腰痛・五十肩・冷え性・慢性婦人病 etc
住所 東京都神津島村字錆崎1-1
アクセス 神津島港から村営バス「赤崎遊歩道行き」で7分。温泉保養センター前下車、徒歩すぐ
旅行担当 O

ひとり旅をこよなく愛する鉄分高めのアラフォー男子。 年に三度の旅行だけが心の支えです。