名剣温泉(富山県) – 黒部峡谷にたたずむ一軒宿の温泉旅館

 

今回紹介する温泉は、富山県黒部市にある名剣温泉。黒部峡谷を走るトロッコ列車の終点、欅平にある川沿いにたたずむ一軒宿の温泉です。

富山旅行・宇奈月温泉の記事でも紹介しましたが、あらためて名剣温泉だけを取り上げてみます。
名剣温泉は広河原温泉と同じく、日本秘湯を守る会に登録されている温泉です。朝日旅行が主催する温泉旅館の団体で、会の「秘湯」基準を満たした全国各地の旅館が加盟しています。
なかには開発によって秘湯感がなくなってしまった宿もあるようですが、多くはアクセスに難があり、徒歩でしか行くことができなかったり、電話が引かれていないような宿も存在しています。

そんな中この名剣温泉は、最寄り駅である黒部峡谷鉄道の欅平駅から徒歩15分という恵まれた立地になっています(北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅から富山地方鉄道で宇奈月温泉、そこからさらに黒部峡谷沿いを這うようにトロッコ列車で1時間以上揺られた先なので、間違いなく山奥なのですが…)。
黒部峡谷鉄道の欅平駅

黒部峡谷鉄道の欅平駅

名剣温泉までの道路は存在せず、アクセス手段がトロッコ列車しか存在しないため、駅チカとはいえ秘湯感は充分です。
欅平駅からは、道沿いにさらに上流へ向かって山道を進みます。途中、落石の発生する危険地帯であることを知らせる看板や、貸し出しのヘルメットが置いてあるなど、黒部の秘境にいることを再認識させられます。
黒部川と祖母谷川の合流点に架かる真っ赤な奥鐘橋

黒部川と祖母谷川の合流点に架かる真っ赤な奥鐘橋

自己責任を訴える注意看板

自己責任を訴える注意看板

安全用のヘルメット置き場

安全用のヘルメット置き場

峡谷沿いに岩肌をえぐるように作られた山道

峡谷沿いに岩肌をえぐるように作られた山道

名剣温泉は黒部川の支流、祖母谷川の絶壁に建つこぢんまりとした一軒宿の温泉旅館です。
宿には男女別の内湯のほか、渓谷を見下ろす露天風呂があります。
日帰り入浴も可能ですが、下山のためのトロッコ列車の終電は15時台のため、乗り遅れないよう注意が必要でしょう。食事も評判なので、時間に余裕があれば一泊することもオススメです。

1 2
旅行担当 O

ひとり旅をこよなく愛する鉄分高めのアラフォー男子。 年に三度の旅行だけが心の支えです。