日本三大鍾乳洞 – 龍泉洞 碧く澄んだ神秘的な地底湖

 

みなさん、日本三大鍾乳洞というものをご存知でしょうか?
日本三大●●は数多くありますが、鍾乳洞は意外と地味な部類に入るかと思うので、なかなかメジャーなものではないかもしれません。

日本三大鍾乳洞とされているところは、山口県の秋芳洞、岩手県の龍泉洞、そして高知県の龍河洞です。基本的にどの鍾乳洞もなかなか辺ぴな立地にあるので、特に関東圏に在住の人にとっては行きづらい感があります。
東京で鍾乳洞と言ったら、奥多摩の日原鍾乳洞の方でしょう。こちらも知名度が高いとは言い難いところですが…。

今回は、三大鍾乳洞の一つ、岩手県岩泉町にある龍泉洞の紹介です。
まずアクセスですが、前述したようにとにかく難があります。以前はJR岩泉線の岩泉駅が最寄り駅でしたが、2010年に土砂崩れによる脱線事故が発生して以来、長らく全線運休となり、ついには復旧を断念し2014年に廃線が決定しました。
そのため公共交通機関でのアクセスはバスのみとなっています。JR盛岡駅から約2時間半、または三陸鉄道北リアス線の岩泉小本駅から約45分でアクセス可能です。
私は岩手県の久慈市に行った帰りに立ち寄ったので、三陸鉄道北リアス線の小本駅から向かいました。

三陸鉄道北リアス線小本駅

三陸鉄道北リアス線の小本駅
(平成27年12月23日に駅名が変更され、岩泉小本駅になっていました。)

日本三大鍾乳洞の龍泉洞ですが、洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物にも指定されています。また、なんといっても地底湖の澄んだ水が有名で、龍泉洞地底湖の水として名水百選のひとつにも選定されています。この地底湖は世界有数の透明度を誇り、地下水は「ドラゴンブルー」とも形容されるそうです。
数年前にJR大人の休日倶楽部ポスターに、吉永小百合を起用し、地底湖の水の碧さを強調した写真が使われていたので、覚えている人もいるかもしれません。

龍泉洞の看板

龍泉洞の看板

龍泉洞レストハウス

龍泉洞レストハウス

龍泉洞入口

龍泉洞入口

龍泉洞内部の総延長は知られている部分だけで約3.6kmもあり、そのうちの700mが一般に公開されています。また、洞内には8つの地底湖が存在しており、その3つが公開中です。現在も洞内の調査は継続されており、総延長は5km以上になるとも言われています。

洞窟内は年間を通して10~11℃で一定しており、季節によっては肌寒く感じるかもしれません。また、内部はLED照明によってライトアップされており、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

1 2
旅行担当 O

ひとり旅をこよなく愛する鉄分高めのアラフォー男子。 年に三度の旅行だけが心の支えです。