チョコレート好きなら、見逃すな!ブリスベンに訪れたら、”NOOSA CHOCOLATE FACTORY”へ!

“チョコレートは上質なものを少しずつ頂きたい。”
グルメ担当、Ayaです。
今回は、私がオーストラリア、ブリスベン滞在中に見つけて、
一目で大好きになったチョコレート専門店、
“NOOSA CHOCOLATE FACTORY”について、ご紹介します。
旅行で訪れたら、是非立ち寄って欲しい素敵なお店です!

“NOOSA CHOCOLATE FACTORY”とは?

nosa

ブリスベンを中心に展開しているチョコレート専門店、“NOOSA CHOCOLATE FACTORY”。

創業は、2009年とまだ新しい会社です。
ブリスベンの中心街、King George Square Station から歩いて徒歩1分の場所にあります。
station
(出典:architectus)

こちらの通り沿いには、業態の違う2店舗が近接しており、
1店舗は、販売とイートインスペースがあるカフェスタイル、もう1店舗は販売専門となっています。

店内に入ると、量り売りとパッケージされたチョコレートがズラリ。
noosa
100g単位で、購入できます。グラム単価$4.50~です。
専用の紙袋に、好きなチョコレートを入れて購入することができます。

noosa

noosa
たくさんの種類があって、目移り必至なんです!!!

NOOSA CHOCOLATEのこだわり

こだわりの原材料

NOOSAは、オーストラリアの農場と契約して、厳選した原材料を使用しています。
契約農場の詳細は明らかになっていませんが、
公式HPに、”We have partnered with incredible Australian farms”と記載がありますので、
信じられないほど多くの農場と契約しているということにしておきましょう。(笑)

原材料は、朝積みイチゴを凍結乾燥したもの、ピーナッツ、ココア、
クランベリー、無農薬アーモンドなど、種類が豊富です。
産地も、ビクトリア州、クイーンズランド州、アデレード州と様々。
原材料の一つ一つに、NOOSAのこだわりが詰まっています。

製品はフルーツ、ミルク、ナッツ以外にも、
一部のチョコレートは、グルテンフリーにも対応しています。
グルテンフリー

全てのチョコレートに、パーム油不使用

何故、パーム油を使わないのか?
それは、”環境問題に配慮している”からです。

通常、安価なチョコレートの原材料にはパーム油が使われています。
パーム油は、カカオバターと類似の油性をもっています。
その生産コストは、カカオバターよりもはるかに安いため、
生産コスト節約対策として、多くのチョコレート製造業者が使用しています。

しかし、パームの原材料を育てるためには、専用の農園が必要です。
農園開発によって、森林破壊、生態系の乱れ、先住民の居住侵略などの重大な問題を抱えています。
また味の面でも、パーム油はカカオバターに比べると風味が劣るため、製品の質も落ちます。
NOOSAでは、このような諸問題から、パーム油を使わない製品を消費者に進めています。

カラダにも優しい、NOOSAのチョコレート

NOOSAチョコレートは、
・原材料にトコトンこだわったチョコレート
・パーム油不使用で、環境に配慮
・グルテンフリーに対応
と、地球と私たちに優しい愛情とこだわりがつまっています。

オーストラリア、ブリスベンに遊びに行く時は、是非食べてみてくださいね♪
( 可愛い女性スタッフにも出逢えることでしょう…♥)

【関連リンク】
NOOSA CHOCOLATE FACTORY

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪