オーストラリア留学経験者に聞いた!現地での生活とは

背の高い外国人を見ると、男女問わずキュンとします。Ayaです。

今回、オーストラリアに留学経験のある友達に現地での過ごし方について聞いてきました。
これから留学を考えている方の参考になれば幸いです!

短期で留学を決行!ワーホリ生活の実際!

【プロフィール】
仮名:Yoriさん
年齢:25歳
渡豪期間:2015年7月~2016年1月の約半年間
目的:転職時期にさしかかり、次の仕事を始める前に海外で暮らしてみたいと思ったから。
場所:オーストラリア、ブリスベン。ゴールドコーストから車で1時間弱の落ち着いた雰囲気のあるcity。
brisbane
【出典:日洋航空株式会社HP

Yoriさんの滞在スケジュール:4ヶ月間の語学学校の後、短期で仕事をしながらオーストラリアを観光。
brisbane

※写真は、ブリスベンcityの中心にある広場にて撮影とのこと。
顔は恥ずかしいとのことで隠してありますっ。

【Yoriさんに聞いてみた!留学準備~現地での生活】

Q:なぜ、オーストラリアのブリスベンに決めたのですか?
A:オーストラリアは、親日と聞いたのでなれない環境でも暮らしやすいイメージがありました。
また、現地に友達が住んでいたので、彼女からの情報でも「とてもすごしやすい」と聞き、英語に不慣れな私が初めて長期滞在するにはぴったりの国かなと思いました。
半分は直感で決めたようなものですが(笑)

Q:スケジュールはどのように立てましたか?また、なぜ、語学学校に行こうと思ったのですか?
A:とりあえず、まずは現地でのコミュニティを作ろうと思いました。
  語学学校に行くことのメリットは、現地に日本人スタッフがいること、同じように英語学習を目的で滞在している日本人やその他の外国人がいるので、
  友達がつくりやすいというところですね。

Q:語学学校はたくさんあると思いますが、決めた理由はなんですか?
A:私が言った学校はIH Brisbaneというのですが、
  授業料が他より少し安かったこと、到着日に学生寮までの送迎がついていたこと、
プログラムが面白そうだったこと、学校内では厳格なEngelish only policyを導入している等が理由ですね。

Q:語学学校でのスケジュールを教えてください。
A:授業がある日は、7時に起床、8時に家をでます。オーストラリアの朝は早く、
7時から利用できるカフェがちらほら。私は8時半には学校に到着し、その日の授業の予習をしていました。

毎週水曜日は、広場で新鮮な野菜、果物、ソーセージ、ケーキなどが食べられるマーケットが開かれていて、
私のお気に入りはフルーツのスムージーで、水曜の朝はいつもこのスムージーを飲んで朝を過ごしていました。(下記写真参照)
brisbane

毎週水曜日のマーケットのおかげで、早起きするのが楽しみでしたね。

月~木曜日のスケジュールをまとめると、大体こんな感じでしょうか。
7:00 起床
8:00 家を出る
8:30~9:30 学校に到着&予習
9:30~12:30 テキストに沿って授業
12:30~13:30 ランチタイム
13:30~15:30 グループワーク、討論、小テストなど(2週間に1~2回)

放課後は、学校の自習室や図書館で勉強していました。
学校の自習室は、先生が常駐しているので宿題をするのに最適な環境です。宿題は、ほぼ毎日出ますので溜めずにその日に終わらせるのが良いでしょうね。

Q:金曜日は何をしていたのですか?
A:金曜日は基本的には、自習 or アクティビティでした。
  月に1回、学校で遠足だとか、1ヵ月半に1回バスを貸しきってビーチに行くとか。
  自分で行くよりお得な価格でいけるのが良かったですね!経費は、かかっても10ドル~20ドルくらいでした。

Q:お休みは何をしていましたか?
A:週末は、基本的には溜まった家事を片付けて、友人と出かけてましたね。
  日本にいるときと、そんなに変わらないですね。(笑)

Q:・・・ちなみに、日本女性は海外でモテると聞きましたが、実際に現地の方のデートされましたか?(笑)
A:(笑) 私は、まぁ何人かとお食事には行きましたが、デートというよりは友達という感覚ですね。
あ、バイクの後ろに乗せてもらったのは、デートっぽかったかなぁ。

語学学校で仲良くなった友達の中には、現地でボーイフレンドを作っている方もいましたね。
時々、どこにデートに行ってきたとか、こんな愛の言葉をささやかれたなど、休み時間に女子トークで盛り上がったことはありましたね(笑)

Q:やはり、モテるんですね。(笑) 
A:特に黒髪の子はモテると思います。ベタですけど。(笑)

オーストラリアでは、語学学校を中心に生活していたYoriさん。
いざ生活を聞いてみると、日本の大学生のような暮らしぶりでした。
最後に、Yoriさんから留学を考えている方へのメッセージをいただきました。

Yoriさんから、留学を考えている方へのアドバイス

新しい場所も、3ヵ月もすれば慣れてしまいます。
おとなしく過ごそうと思えば過ごせてしまうし、時間もあっという間に過ぎてしまいます。

目的を持って行動することで、より充実した留学生活を送ることができると思います。
現地での時間を有効に使うためにも、事前準備はしっかりしておくといいですよ。

オススメは、現地に行く前に現地の友達を作っておくことです。
彼、彼女たちのおかげで、私は本当に生活がスムーズに進みました。
特に、携帯の契約、銀行の開設、病院の場所確認などは到着してから1週間以内に終わらせました。
これも、現地で生活している友人(彼女は日本人で、旦那様がオーストラリア人)が、
英語に不慣れな私の代わりに手続きをしてくれたおかげです。彼女には本当に感謝しています。

行く前は不安もあるかもしれませんが、行ってしまえばなんとかなります。
十分な資金と現地でサポートしてくれる友人。この2つだけはしっかり用意しておきましょう。
保険に入るのも、お忘れなく!



↑ 留学は、オーストラリアだけじゃないんです! あなたの行きたい国を見つけよう!

brisbane
こちらの写真は、ブリスベン中心にあるカジノ。Yoriさんは、学校帰りによく寄り道していたとのこと。
目的は、「セキュリティのお兄さんがイケメンだったからついつい見たくて・・・。」だそうです。(笑)
加えて、カジノ内にはお洒落なCafe & Bar があるため、ゲームはせずにただお茶をしてくつろぐことも多かったそうです。
もちろん、プレイもしたそうですが、「幾ら勝ったか、内緒ですっ。」と、言われてしまいました。(気になる・・・。)

Yoriさんが通っていた語学学校
IH Brisbane 公式サイト

食べてるときが、一番幸せ♡