オーストラリア留学経験者に聞いた!現地での生活とは

 

背の高い外国人を見ると、男女問わずキュンとします。Ayaです。

今回、オーストラリアに留学経験のある友達に現地での過ごし方について聞いてきました。
これから留学を考えている方の参考になれば幸いです!

短期で留学を決行!ワーホリ生活の実際!

【プロフィール】
仮名:Yoriさん
年齢:25歳
渡豪期間:2015年7月~2016年1月の約半年間
目的:転職時期にさしかかり、次の仕事を始める前に海外で暮らしてみたいと思ったから。
場所:オーストラリア、ブリスベン。ゴールドコーストから車で1時間弱の落ち着いた雰囲気のあるcity。
brisbane
【出典:日洋航空株式会社HP

Yoriさんの滞在スケジュール:4ヶ月間の語学学校の後、短期で仕事をしながらオーストラリアを観光。
brisbane

※写真は、ブリスベンcityの中心にある広場にて撮影とのこと。
顔は恥ずかしいとのことで隠してありますっ。

【Yoriさんに聞いてみた!留学準備~現地での生活】

Q:なぜ、オーストラリアのブリスベンに決めたのですか?
A:オーストラリアは、親日と聞いたのでなれない環境でも暮らしやすいイメージがありました。
また、現地に友達が住んでいたので、彼女からの情報でも「とてもすごしやすい」と聞き、英語に不慣れな私が初めて長期滞在するにはぴったりの国かなと思いました。
半分は直感で決めたようなものですが(笑)

Q:スケジュールはどのように立てましたか?また、なぜ、語学学校に行こうと思ったのですか?
A:とりあえず、まずは現地でのコミュニティを作ろうと思いました。
  語学学校に行くことのメリットは、現地に日本人スタッフがいること、同じように英語学習を目的で滞在している日本人やその他の外国人がいるので、
  友達がつくりやすいというところですね。

Q:語学学校はたくさんあると思いますが、決めた理由はなんですか?
A:私が言った学校はIH Brisbaneというのですが、
  授業料が他より少し安かったこと、到着日に学生寮までの送迎がついていたこと、
プログラムが面白そうだったこと、学校内では厳格なEngelish only policyを導入している等が理由ですね。

Q:語学学校でのスケジュールを教えてください。
A:授業がある日は、7時に起床、8時に家をでます。オーストラリアの朝は早く、
7時から利用できるカフェがちらほら。私は8時半には学校に到着し、その日の授業の予習をしていました。

毎週水曜日は、広場で新鮮な野菜、果物、ソーセージ、ケーキなどが食べられるマーケットが開かれていて、
私のお気に入りはフルーツのスムージーで、水曜の朝はいつもこのスムージーを飲んで朝を過ごしていました。(下記写真参照)
brisbane

毎週水曜日のマーケットのおかげで、早起きするのが楽しみでしたね。

月~木曜日のスケジュールをまとめると、大体こんな感じでしょうか。
7:00 起床
8:00 家を出る
8:30~9:30 学校に到着&予習
9:30~12:30 テキストに沿って授業
12:30~13:30 ランチタイム
13:30~15:30 グループワーク、討論、小テストなど(2週間に1~2回)

放課後は、学校の自習室や図書館で勉強していました。
学校の自習室は、先生が常駐しているので宿題をするのに最適な環境です。宿題は、ほぼ毎日出ますので溜めずにその日に終わらせるのが良いでしょうね。

1 2
アヤ

食べてるときが、一番幸せ♡ グルメ、流行モノ、可愛いモノが大好き! ”胸キュン”が、栄養剤です♪