山寺探訪 彌彦神社(新潟県) – 越後平野の霊峰弥彦山に鎮座する、新潟屈指のパワースポット「おやひこさま」

みなさん、山寺は好きですか?

今回紹介する山寺は、新潟県西蒲原郡弥彦村の彌彦神社。
『万葉集』にも詠われる古社であり、弥彦山を神体山として祀る神社です。最近では縁結び、仕事運が上がるパワースポットとしても全国的に有名になっています。

神社の創建年代はよく分かっておらず、社記によれば和銅4年(711年)に神域を広げ社殿を造営したとされており、延長5年(927年)に記された当時の全国の神社一覧である延喜式神名帳にも記録されています。
また現在の社殿は、明治の大火後、大正5年に再建され、平成27年には御遷座(ごせんざ)百年を迎えます。

彌彦神社へはJR弥彦線の弥彦駅から徒歩で15分程度。新潟駅からは吉田駅乗り換えで、接続がうまくいけば70分前後でアクセス可能です。
弥彦駅の駅舎は、彌彦神社の本殿を模した木造寺社造りで、門前町にふさわしい情緒ある趣を放っています。
弥彦駅

弥彦駅

弥彦山は温泉が出るため、神社周辺は温泉街が形成されています。温泉街を抜けた先に、彌彦神社の鳥居があります。

彌彦神社の入口「一の鳥居」

高さ8.6m。彌彦神社の入口「一の鳥居」

鳥居を抜けると、それまでの温泉街の喧騒とうって変わって静かな境内に入ります。齢400年を超えるスギやケヤキに包まれたこの地は、一足踏み入れるだけで不思議なパワーを感じられます。

参道を進み、手水舎、絵馬殿、宝物殿、二の鳥居、そして随神門をくぐった先に彌彦神社の拝殿があります。拝殿は堂々とした風格ある荘厳な造りです。一般的な神社でのお参りは「2礼2拍手1礼」ですが、彌彦神社は「2礼4拍手1礼」となっているので、神様に失礼のないようにしましょう。

参道

参道

随神門

随神門

拝殿の背後にそびえる弥彦山、そして広い青空。抜け感が素晴らしいです。
彌彦神社 拝殿

彌彦神社 拝殿

参拝は長蛇の列

参拝は長蛇の列

通常の参拝であればここで終了ですが、彌彦神社は弥彦山の山頂に奥の宮「御神廟」があります。山頂からの景色も見たかったので、完全制覇を目指すことにしました。

山頂へはロープウェイで向かいます。弥彦山麓から山頂までは約5分であっという間に山頂駅へ到着!

山頂駅

弥彦山の山頂駅

山頂駅からさらに徒歩で15分程度。途中、高低差のある尾根沿いの道を歩くと御神廟のある頂上へ到着します。越後平野、日本海を見渡せる絶景で疲れも吹き飛びます。

彌彦神社奥の宮「御神廟」後ろのアンテナは新潟県の平野部をカバーするNHK、民放各社のテレビ・FMラジオ用。
彌彦神社奥の宮「御神廟」

彌彦神社奥の宮「御神廟」

越後平野側の景色

越後平野側の景色

日本海側の景色

日本海側の景色

参拝後は門前町の温泉で日帰り入浴をしていくのがおススメです。
新潟県屈指の縁結び、仕事運のパワースポット。新潟へ行った際はぜひ訪れてみたいですね。

弥彦山 彌彦神社

住所 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898
アクセス JR弥彦線の弥彦駅から徒歩で15分

ひとり旅をこよなく愛する鉄分高めのアラフォー男子。 年に三度の旅行だけが心の支えです。