浅草三社祭 – 初夏の到来を告げる下町情緒あふれる荒ぶる祭り

 

初夏の東京。神田祭が終ると、息つく暇もなく浅草の町は三社祭一色に染まります。
毎年150万人以上の人出を集める、東京の初夏を告げる風物詩として名高い三社祭は、まさに火事と喧嘩は江戸の華という言葉を体現したような熱気あふれる祭りです。

下町情緒あふれる浅草の町を、法被姿の男集が威勢のよい掛け声を上げ、神輿を担いで荒々しく練り歩く光景。まさに「日本の祭り」のエッセンスを凝縮したような祭り、それが三社祭です。

勇ましい神輿の渡御を目当てに沿道は大勢の観光客で溢れ、祭りの期間中は浅草の町全体が活気に包まれます。

三社祭とは – 期間と由来

三社祭三社祭は毎年5月の第3金曜日~日曜日の3日間に渡って開催され、三基の本社神輿と100基もの浅草44カ町の町内御輿が浅草を練り歩きます。

三社祭の正式名称は「浅草神社例大祭」。浅草寺の本尊である観音様をお祀りした三柱の神様、桧前浜成命(ひのくまはまなりのみこと)、桧前竹成命(ひのくまたけなりのみこと)、土師真中知命(はじのあたいなかとものみこと)を御祭神とする浅草神社の例大祭です。

江戸時代のころは浅草神社と浅草寺は一体でした。明治時代に入り、神仏分離によって浅草寺と分離して以降、三社祭は浅草神社単体での祭りとなり、今日の発展を見せています。
なので、三社祭は浅草寺の祭りと思われがちですが、正確には浅草神社の祭りなのです。

三社祭の見どころ

三社祭
三社祭といえば、神輿です。
浅草神社の氏子衆が勢揃いし、荒々しく神輿を担ぐ勇壮な姿は江戸っ子の粋そのものです。浅草神社に奉納されている三基の神輿と、氏子衆の町内神輿100基あまりが三社祭には集結します。
これらのお神輿を氏子衆が担ぎ、わざと荒々しく揺さぶり振り回す「魂振り」によって、豊作、豊漁を願い、病魔の退散を願います。この「魂振り」の様子が、三社祭の勇壮なイメージを形成する要因の一つになっています。

1 2
旅行担当 O

ひとり旅をこよなく愛する鉄分高めのアラフォー男子。 年に三度の旅行だけが心の支えです。